ブラックバイトでの全国初の労働労働審判申し立てが、多数のメディアに取り上げられました(2015/11)

国分町のバーで働いていた学生が、ブラックバイト問題で全国初の労働審判申し立てを行いました。

仙台学生バイトユニオンとブラック企業対策仙台弁護団が連携した取り組みです。

※労働審判についてはこちら(ブログ記事)をご覧ください。

 

今回の申し立てが、多数のメディアに取り上げられました。以下、ご紹介します。

 

ブラックバイト 労働審判申し立てへ(河北新報 2015年11月11日)

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201511/20151111_13008.html

バーで賃金未払い、40日連続勤務…ブラックバイトで大学生が労働審判申し立て 仙台(産経新聞 2015年11月18日)

http://www.sankei.com/affairs/news/151118/afr1511180021-n1.html

「まさにブラックバイト」仙台の飲食店で賃金未払い――学生が「労働審判」申し立て(弁護士ドットコム 2015年11月18日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151118-00003956-bengocom-soci

仙台の学生が申し立て ブラックバイト「声上げ解決を」 支援団体、呼び掛け /宮城(毎日新聞 2015年11月19日)

http://mainichi.jp/articles/20151119/ddl/k04/040/002000c

「ブラックバイト」で労働審判申し立て 給料未払い、暴力も(FNNニュース 宮城2015年11月18日)

https://www.youtube.com/watch?v=EG838R9CcPA